ゴミの分類・処理の総合情報サイト

>

紙マークとは

正しい紙ごみ回収

戦後の混乱期などでは、食品のバラ売りを新聞紙にくるんで渡してくれた時がありましたね。少々不衛生ですが、これもリサイクルの一つであったのかもしれませんね。

現在家庭から出る「燃えるゴミ」の約30%が紙だといわれています。そしてこの紙類の約半分が雑紙といわれています。雑紙とは、新聞、段ボール、紙パック以外のリサイクル可能な紙類のことです。

つまり、かなりの紙が新しい紙製造の原材料にならずに焼却されてしまっているのです。雑紙としてリサイクルできるのは次のようなものです。チラシ・カタログ、雑誌、紙箱、封筒・はがき、紙袋、画用紙・台紙、カレンダー、紙の芯等々。

判断の目安としては、原料にパルプが使われているものということですね。紙リサイクルマークのついているものはもちろんリサイクルできます。

紙ごみの正しい出し方

雑紙は紙袋に入れたりひもで縛って出します。紙箱などは、折りたたんでかさばらないようにして出しましょう。

お住いの自治体で集めている場合には、自治体の出し方に従いましょう。

雑紙以外の新聞、段ボール、紙パックの場合には、コミュニティーでの回収や業者による回収があります。紙ごみの回収業者によっては買取をしてくれるところもあります。スーパーの店頭などで回収をしているところは、重さに応じてポイントで還元してくれるところもあります。

紙ごみがお金に変わりますね。これも立派なリサイクルです。

紙ごみはこうして再び新しい紙となって私たちのところに戻ってきます。牛乳パックなどは、トイレットペーパーやティッシュペーパーになります。新聞は、再び新聞や週刊誌あるいは印刷用紙になります。雑誌は、ボール箱や絵本になります。段ボールは再び段ボールになります。